FX 初心者のための入門サイト


FX初心者の入門講座 > FXの基礎知識 > ポジションと決済

ポジションと決済

ポジションとは、外貨の持ち高(残高)のことをいいます。決済して利益や損失が確定する前の状態のことをいいます。

買いポジションと売りポジション

FXで為替差益を得るためには、通貨を「買ってから売る」ケースと「売ってから買い戻す」ケースがあります。

たとえば、100万円で1万ドルを買った状態のことを、買いポジションまたはロングポジションといいます。この場合は1万ドルのロングポジションということになります。

またFXでは、外貨を売るところから入る空売りが可能です。
売りから始める空売り

売りから入る場合、たとえば1万ドルを売った状態のことを、売りポジションまたはショートポジションといいます。この場合は1万ドルの売りポジションということになります。

このように新しく通貨の売買を行うことを、ポジションメイク、ポジションを建てるといい、このポジションメイクと決済のタイミングが損益を左右します。

また、通貨間の金利差によって生じるスワップポイントは、このポジションを維持した期間分だけ発生することになります。
スワップポイントとは

ポジションの量を増やしたり減らしたりすることを、ポジションを膨らませる、ポジションを減らすといい、ポジションを持っておらず、為替レートの影響を受けない状態のことを、スクエアといいます。

決済

ロングポジションでもショートポジションでも、決済しなければ利益や損失は確定しません。通貨を買ってロングポジションを持っているなら売ることで、逆に通貨を売りから入ってショートポジションを持っているなら、買い戻すことで損益が確定します。これを決済するといいます。

たとえば、1万ドルのロングポジションなら、為替レートで円安になるのを見計らって、売りに出して、決済すると、利益が得られます。安く買って高く売ることで利益を得るわけです。

逆に、売りから入った1万ドルのショートポジションなら、為替レートで円高になるのを狙って、買い戻し、決済します。高く売って安く買うことで利益が生まれます。

為替レートがどれだけ不利になっても、決済しなければ損失は確定しませんが、含み損(現在のレートで決済した場合に発生するであろう損失)が大きくなってくると、ロスカットによって、自分が意図しないタイミングで強制的に決済されてしまうことがあります。
ロスカットとは

最短5分!スマホでもかんたん申込!
DMM FX

FX初心者の入門講座限定!合計24,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!初心者にもプロトレーダーにも満足の取引ツール!米ドル/円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準スプレッド!→詳しくはこちら!

スワップポイント最高水準!
外為オンライン

初心者~上級者向けの充実した高機能取引ツールで楽々FX取引!
情報コンテンツが豊富で最新の情報がいつでも手に入る!無料セミナーに参加して、基礎知識を身に付けよう!!→詳しくはこちら!

実質取引コストで選ぶなら!スプ0.3銭
FXブロードネット

4000円から取引可能!低スプレッド&業界最高水準のスワップポイントで、初心者が始めやすいFX会社です。
24時間365日、24通貨の取引可能!!→詳しくはこちら!

→さらに詳しいFX会社ランキングはこちら!


※ランキングは当サイトからの2016年1月~3月での申込数順を元に算出