FX 初心者のための入門サイト


FX初心者の入門講座 > FXの基礎知識 > 証拠金と証拠金維持率

証拠金と証拠金維持率

FXは、一定額以上の金額を、担保として取引会社に預け入れて行う取引です。この担保を証拠金といい、このような取引を証拠金取引といいます。

証拠金は、多くが円のみが可能となっていて、外貨や株式などの有価証券は、証拠金として預け入れることができない場合が多いです。

証拠金の必要最低額

証拠金はの必要最低ラインは、取引会社によって違い、また取引する通貨によっても違います。多くの場合、取引する額の2%~5%程度に設定しています。これを必要証拠金といいます。

たとえば、1ドル100円の為替レートで1万ドル購入するなら、100万円を取引することになり、その2%~5%、つまり2万円~5万円が最低でも必要になるわけです。もし2万円の証拠金で100万円の取引をするとしたら、レバレッジが50倍ということになります。
レバレッジとは

証拠金維持率

実際に取引している金額に対して、証拠金の残高の割合のことを証拠金維持率といいます。

決済をせずにポジションを持っている間は、利益や損失は確定しませんが、現時点のレートで決済した場合に発生するであろう利益を含み益、損失を含み損といい、まとめて評価損益ともいいます。

証拠金維持率とは、証拠金から評価損益を加減して、必要証拠金に対する証拠金残高の割合のことを指します。

たとえば、必要証拠金が2万円の取引会社で、1ドル100円の為替レートで、証拠金2万円、50倍のレバレッジで1万ドル(100万円分)を買ったとします。

その後レートが少し下がって1ドル99.5円になると、1万ドルが99万5千円の価値になり、5千円の含み損が生まれます。

2万円の証拠金から5千円の含み損を差し引いて、1万5千円が証拠金残高という扱いになり、証拠金維持率は15,000円/20,000円で75%ということになります。

証拠金維持率とは

通常、証拠金維持率は50%以上を維持するように決められていて、もし50%を割ると、マージンコールがかかります。マージンコールとは、証拠金を追加するか、ポジションを決済するかして、証拠金維持率を50%以上に引き上げることを求める警告です。
マージンコール

マージンコールがあったにも関わらず、期限までに証拠金を追加しなかったり、証拠金維持率がさらに大幅に下回ったりした場合は、その時点で損をしていようが、自動的に強制決済されます。これをロスカットといい、証拠金以上の大幅な損失を出さないようにするためのシステムです。
ロスカット
(マージンコールやロスカットの基準は取引会社によって異なります。)

上記の例で、もし為替レートが1ドル99円まで下がると、証拠金残高は1万円になり、証拠金維持率が50%になり、マージンコールがかかります。さらにレートが下がれば、ロスカットになり、その時点で強制的に決済され、損失が確定してしまいます。

このように、レートが1円下がっただけでマージンコールがかかるような高レバレッジの取引は、非常にリスキーです。マージンコール自体に拘束力があるわけではありませんが、ロスカットの執行が近いことを示しているので、証拠金維持率がちゃんとキープできるように、証拠金維持率が100%を超えて1000%、2000%となるくらい余裕のある取引を心がけましょう。

最短5分!スマホでもかんたん申込!
DMM FX

初心者にもプロトレーダーにも満足の取引ツール!米ドル/円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準スプレッド!電話・メールの他に、LINE問い合わせも対応しているので、サポート体制が超充実!→詳しくはこちら!

スワップポイント最高水準!
外為オンライン

初心者~上級者向けの充実した高機能取引ツールで楽々FX取引!
情報コンテンツが豊富で最新の情報がいつでも手に入る!無料セミナーに参加して、基礎知識を身に付けよう!!→詳しくはこちら!

実質取引コストで選ぶなら!スプ0.3銭
FXブロードネット

4000円から取引可能!低スプレッド&業界最高水準のスワップポイントで、初心者が始めやすいFX会社です。
24時間365日、24通貨の取引可能!!→詳しくはこちら!

→さらに詳しいFX会社ランキングはこちら!


※ランキングは当サイトからの2016年1月~3月での申込数順を元に算出