FX 初心者のための入門サイト


FX初心者の入門講座 > チャートの見方 > グランビルの法則を使う

グランビルの法則を使う

移動平均線から売買のタイミングを判断する方法として、グランビルの法則があります。

もともと移動平均線は、アメリカのマイケル・H・グランビルという有名なアナリストによって普及したもので、為替レートと移動平均線によって、売りポイントと買いポイントを判断する方法をグランビルの法則といいます。

売りポイントとは、この後下降トレンドに入る可能性が高いので、売るといいというポイント。買いポイントとは、この後上昇トレンドに入る可能性が高いので、買うといいというポイントです。

下記は、移動平均線と為替レートの位置関係によって、売りポイントと買いポイントをそれぞれ4つずつのパターンにまとめたものです。

買いポイント
グランビルの法則
移動平均線が下降から横ばいになり、
さらに為替レートが移動平均線を突き抜けた時
グランビルの法則
移動平均線が上昇し、
為替レートが移動平均線を下回った時
グランビルの法則
上昇している移動平均線より上で、為替レートが下がったものの、
移動平均線に触れずに反発した時
グランビルの法則
下降している移動平均線を、
為替レートが大幅に下回り、大きく離れた時
売りポイント
グランビルの法則
移動平均線が横ばい、または下降し、
為替レートが移動平均線を下回った時
グランビルの法則
移動平均線が下降し、
為替レートが移動平均線を上回った時
グランビルの法則
下降している移動平均線より下で、為替レートが上昇したものの、
移動平均線に触れずに下落した時
グランビルの法則
上昇している移動平均線を、
為替レートが大幅に上回り、大きく離れた時

乖離は売買のチャンス

上記のグランビルの法則のうち、特に④の買いポイント、売りポイントはチャンスです。為替レートが移動平均線から大きく離れることを乖離(かいり)といいますが、これは為替レートが「高くなりすぎている」または「安くなりすぎている」ということを意味します。

もちろん100%ではありませんが、多くの場合はいずれ移動平均線に近づくような値動きになります。このポイントではレバレッジを多少上げて取引してもいいかもしれません。

FXブロードネット   実質取引コストで選ぶなら!スプ0.3銭

4000円から取引可能!低スプレッド&業界最高水準のスワップポイントで、初心者が始めやすいFX会社です。
24時間365日、24通貨の取引可能!!→詳しくはこちら!

最短5分!スマホでもかんたん申込!
DMM FX

初心者にもプロトレーダーにも満足の取引ツール!米ドル/円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準スプレッド!電話・メールの他に、LINE問い合わせも対応しているので、サポート体制が超充実!→詳しくはこちら!

スワップポイント最高水準!
外為オンライン

初心者~上級者向けの充実した高機能取引ツールで楽々FX取引!
情報コンテンツが豊富で最新の情報がいつでも手に入る!無料セミナーに参加して、基礎知識を身に付けよう!!→詳しくはこちら!

実質取引コストで選ぶなら!スプ0.3銭
FXブロードネット

4000円から取引可能!低スプレッド&業界最高水準のスワップポイントで、初心者が始めやすいFX会社です。
24時間365日、24通貨の取引可能!!→詳しくはこちら!

→さらに詳しいFX会社ランキングはこちら!


※ランキングは当サイトからの2016年1月~3月での申込数順を元に算出