FX 初心者のための入門サイト


ユーロ(EUR)

ユーロEU(欧州連合)の加盟国25ヶ国中、15ヶ国で公式に採用している単一通貨です。ユーロ圏の経済規模は、最近ではアメリカと肩を並べるほどになり、ユーロは米ドルにつぐ第二の基軸通貨といわれています。ここ数年、FXにおいてもユーロの取引高は多くなっています。

円安や円高の動きがはっきりと現れやすいので、売買しやすい為替相場といえます。

ただ、政治的な統一がまだなされていないこともあり、政治的なリスクが為替レートに影響を与える可能性もあります。

またユーロは、欧州中央銀行と、各国の中央銀行から構成される欧州中央銀行制度によって管理されています。まだ歴史の浅い欧州中央銀行は、金融政策における実力が未知数で、どんな判断基準でどんな決定を下すかなど、予想しづらい現状があります。

ユーロのレートに大きな影響を与える要因として、下記があげられます。

・米ドルの変動
ユーロは、米ドルが売られた際の「避難通貨」として買われることがあります。たとえば、アメリカでテロなどの有事が起き、米ドルが売られて値が下がると、ユーロが買われて値上がりする傾向があります。

したがって、ユーロと米ドルはチャート上では逆の動きをしやすいといえます。

・EU主要国の情勢
ユーロの為替レートに影響を与えやすいのが、ドイツ、フランス、イタリア、スペインなどの主要国です。これらの国の景気や情勢が、ユーロの相場に影響してきます。

過去の相場変動

ユーロ圏での利上げの期待、経済情勢が堅調であるために、2000年から円安ユーロ高の動きが加速しています。上昇・下降のトレンドがはっきり表れやすく、トレンドに乗りやすい通貨といえます。

EUの経済情報

GDP 11兆4,612億ドル(2006年)
一人当たりの名目GDP 24,700ドル(2006年)
失業率 8.1%(2006年)
貿易額 輸出:1兆2,382億ユーロ(2007年)
輸入:1兆4,233億ユーロ(2007年)
EU加盟国 ベルギー、ブルガリア、チェコ、デンマーク、ドイツ、エストニア、アイルランドギリシャスペインフランスイタリアキプロス、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、ハンガリー、マルタオランダオーストリア、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロベニア、スロバキア、フィンランド、スウェーデン、英国
赤字は通貨にユーロを採用している国
最短5分!スマホでもかんたん申込!
DMM FX

FX初心者の入門講座限定!合計24,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!初心者にもプロトレーダーにも満足の取引ツール!米ドル/円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準スプレッド!→詳しくはこちら!

スワップポイント最高水準!
外為オンライン

初心者~上級者向けの充実した高機能取引ツールで楽々FX取引!
情報コンテンツが豊富で最新の情報がいつでも手に入る!無料セミナーに参加して、基礎知識を身に付けよう!!→詳しくはこちら!

実質取引コストで選ぶなら!スプ0.3銭
FXブロードネット

4000円から取引可能!低スプレッド&業界最高水準のスワップポイントで、初心者が始めやすいFX会社です。
24時間365日、24通貨の取引可能!!→詳しくはこちら!

→さらに詳しいFX会社ランキングはこちら!


※ランキングは当サイトからの2016年1月~3月での申込数順を元に算出