FX 初心者のための入門サイト


FX初心者の入門講座 > FXの基礎知識 > 売りから入る空売り

売りから入る空売り

通貨を日本円で買って、円安が進んだところで売って利益を出す。これがFXの一般的なスタイルですが、FXでは、「売りから入って、あとから買い戻す」ことで利益を出すことができます。

通常なら、1ドル100円のレートで1万ドル(100万円分)を買い、1ドル110円になったところでそれを売り、10万円の利益を得ます。これが「買ってから売る」スタイルです。

逆に、1ドル110円のレートで、実際には持っていない1万ドル(110万円分)を売り、1ドル100円になったところで、その1万ドル(110万円分)を買い戻すことで、10万円の利益を得る。これが「売ってから買う」「売りから入って、あとで買い戻す」スタイルです。「売りから入る」「空売り」ともいいます。

持ってもいないドルを売るという概念が、少しわかりづらいかもしれませんが、ドルを取引会社から借りると考えるとわかりやすいでしょう。

借りた1万ドルを、1ドル110円のレートでそのまま売ります。つまり110万円を持つということになります。しばらくしてレートが1ドル100円に下がったら、今度はその110万円でドルを買います。すると、1万1千ドルが手に入ります。借りた1万ドルを返しても、差額の1千ドル、つまり10万円は、利益として自分のものになります。

売りから入る

株式取引などでも空売りのシステムはあります。ただ株は借りた分だけ金利を支払わなくてはなりませんが、FXではそういったお金がかかりません。

「買ってから売る」場合なら、円高の時に買い、円安の時に売ることで利益を得るわけですが、「売ってから買う」場合は、逆に円安の時に売り、円高の時に買い戻すことで利益を得ます。

つまり、為替レートが上がっている時でも、下がっている時でも、どちらでも利益を出すことができるというわけです。

もちろん、売りから入って損失を出してしまうこともあります。たとえば1ドル110円のレートで、1万ドルの売りから入り、110万円を持つとします。その後レートが下がって1ドル120円の時に買い戻すと、約9160ドル、つまり10万円分の損失が生まれます。

スワップポイントに注意

スワップポイントとは、取引する通貨間の金利差のことをいいます。
スワップポイントとは

金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買う場合は、ポジションを持ち続ければスワップポイントは利益として受け取ることができます。

しかし、金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買う場合は、逆にスワップポイントを支払わなくてはならなくなります。

たとえば、米ドル/円で売りから入る場合は、金利2%のドルを売って、金利0.5%の円を買うので、スワップポイントがマイナスになり、ポジションを持っている間は、毎日スワップポイントを支払うことになります。

超低金利の日本円は、「買ってから売る」場合は有利に働きますが、売りから入る場合は、不利になるので注意が必要です。

最短5分!スマホでもかんたん申込!
DMM FX

初心者にもプロトレーダーにも満足の取引ツール!米ドル/円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準スプレッド!電話・メールの他に、LINE問い合わせも対応しているので、サポート体制が超充実!→詳しくはこちら!

スワップポイント最高水準!
外為オンライン

初心者~上級者向けの充実した高機能取引ツールで楽々FX取引!
情報コンテンツが豊富で最新の情報がいつでも手に入る!無料セミナーに参加して、基礎知識を身に付けよう!!→詳しくはこちら!

実質取引コストで選ぶなら!スプ0.3銭
FXブロードネット

4000円から取引可能!低スプレッド&業界最高水準のスワップポイントで、初心者が始めやすいFX会社です。
24時間365日、24通貨の取引可能!!→詳しくはこちら!

→さらに詳しいFX会社ランキングはこちら!


※ランキングは当サイトからの2016年1月~3月での申込数順を元に算出