FX 初心者のための入門サイト


FX初心者の入門講座 > FXを始めるには > いろいろな注文方法

いろいろな注文方法

FXの売買取引には様々な注文方法があり、売りか買いのどちらかを注文する基本的な注文方法や、売りも買いも自動的に注文できる方法があります。

注文方法の仕組みを理解して、自分に合った注文方法を選びましょう。

基本的な注文方法

・成行注文(なりゆき)
通貨ペアと取引する数量を指定し、その時点での為替レートで注文する手動の注文方法です。

・指値(さしね)・リミット注文
あらかじめ為替レートを指定して、そのレートになったら自動的に買う、もしくは売る注文方法です。

指値

・逆指値(ぎゃくさしね)・ストップ注文
現在の為替レートよりも不利なレートを指定しておいて、そのレートになったら自動的に売買する注文方法です。現在の情勢では判断できず、相場の勢いを確認してから売買したい時に有効です。

逆指値

自動売買の注文方法

・IFD(イフダン)注文
IFDとは「If Done order」の略です。新規の注文とそれを決済する注文をセットで出せる注文方法です。新規注文が成立すると、自動的に決済注文も有効になります。

たとえば、指定しておいた為替レートになったら、買いの注文が自動的に行われ、さらに指定しておいたレートになるとそれを自動的に決済してくれます。

買いと売り、もしくは売りと買いを一括で注文しておけるので、忙しくて取引画面をあまり確認できない人でも取引を行えます。

指値を使って、利益を確定するために使ってもいいですし、逆指値を使って損失を最小限に抑えるために使ってもいいでしょう。

IFD

・OCO(オーシーオー)注文
OCOとは「One Cancels the Other order」の略で、売買の注文を2通り出して、一方の注文が成立すると、もう一方の注文が自動的にキャンセルされる注文方法です。

たとえば利益を伸ばすための指値注文と、最低限の利益を確保するための逆指値注文を同時に出しておくことができるので、相場の変動に自信が持てない時に有効な注文方法です。

このOCO注文は、新規注文と決済注文の両方で利用することができます。

OCO

・IFDO(イフダンオーシーオー)注文
IFDOとは「If Done order + One Cancels the Other order」の略で、IFD注文とOCO注文を組み合わせた便利な注文方法です。IFO注文とも呼びます。最初の注文から決済の注文まで、完全に自動売買で行うことが可能です。

新規で注文を出すと同時に、利益を確定するための指値注文と、損失を抑えるための逆指値注文の2通りの決済注文を出すことができます。

IFDO

最短5分!スマホでもかんたん申込!
DMM FX

FX初心者の入門講座限定!合計24,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!初心者にもプロトレーダーにも満足の取引ツール!米ドル/円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準スプレッド!→詳しくはこちら!

スワップポイント最高水準!
外為オンライン

初心者~上級者向けの充実した高機能取引ツールで楽々FX取引!
情報コンテンツが豊富で最新の情報がいつでも手に入る!無料セミナーに参加して、基礎知識を身に付けよう!!→詳しくはこちら!

実質取引コストで選ぶなら!スプ0.3銭
FXブロードネット

4000円から取引可能!低スプレッド&業界最高水準のスワップポイントで、初心者が始めやすいFX会社です。
24時間365日、24通貨の取引可能!!→詳しくはこちら!

→さらに詳しいFX会社ランキングはこちら!


※ランキングは当サイトからの2016年1月~3月での申込数順を元に算出