FX 初心者のための入門サイト


FX初心者の入門講座 > 通貨の特徴 > カナダドル(CAD)

カナダドル(CAD)

カナダ通称「キャンディー」と呼ばれるカナダドルは、カナダの他、アメリカの北部の一部の地域では、米ドルと等価で使用できます。日本での流通量が非常に少なく、銀行などでの両替手数料は、米ドル、ユーロなどと比べて割高です。

カナダは1991年以来、経済成長を続けていて、経済規模は現在世界第8位です。小麦などの農産物では、世界有数の共有国でもある一方で、GDPの約3分の2をサービス業や製造業が占めています。

基本的には値動きの変動幅が小さいので、リスクの少ない通貨で、リスクを分散させたい場合に適した通貨です。また将来的には利上げがありそうなので、長期的に保有してスワップポイントを狙うのもいいでしょう。

カナダドルのレートに大きな影響を与える要因として、下記があげられます。

・アメリカの動向
アメリカと地理的に近く、経済的にも関係が強く、輸出の約8割がアメリカ向けです。そのため、アメリカの金融政策や雇用、消費などの経済統計に影響を受けやすい傾向があります。

・原油や小麦などの一次産品の価格相場
カナダの石油埋蔵量は、全世界の15%を占めるので、原油価格が高騰するとカナダドルの相場も上昇する傾向があります。また石油だけでなく、小麦や金、鉄などの一次産品の価格の上下が影響しやすいです。

過去の相場変動

カナダは豊富な石油埋蔵量を誇るため、2005年頃から原油の価格高騰によって、カナダドルの相場も上昇しました。サブプライム問題の影響を受けたものの、経済的には堅実に伸びています。

カナダの経済情報

名目GDP 1兆5,314億カナダドル(2007年)
一人当たりの名目GDP 46,441カナダドル(2007年)
失業率 6.0%(2007年)
消費者物価上昇率 2.2%(2007年)
貿易額 輸出:4,485億カナダドル(2007年)
工業製品、エネルギー製品、機械機器、自動車・関連製品
輸入:4,064億カナダドル(2007年)
機械機器、工業製品、自動車・関連製品、その他消費財
主要産業 金融、保険、不動産業、製造業、商業
最短5分!スマホでもかんたん申込!
DMM FX

FX初心者の入門講座限定!合計25,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!初心者にもプロトレーダーにも満足の取引ツール!米ドル/円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準スプレッド!→詳しくはこちら!

スワップポイント最高水準!
外為オンライン

初心者~上級者向けの充実した高機能取引ツールで楽々FX取引!
情報コンテンツが豊富で最新の情報がいつでも手に入る!無料セミナーに参加して、基礎知識を身に付けよう!!→詳しくはこちら!

実質取引コストで選ぶなら!スプ0.3銭
FXブロードネット

4000円から取引可能!低スプレッド&業界最高水準のスワップポイントで、初心者が始めやすいFX会社です。
24時間365日、24通貨の取引可能!!→詳しくはこちら!

→さらに詳しいFX会社ランキングはこちら!


※ランキングは当サイトからの2016年1月~3月での申込数順を元に算出