FX 初心者のための入門サイト


FX初心者の入門講座 > FXの基礎知識 > 2Wayプライス表示とは

2Wayプライス表示とは

2Wayプライスとは、投資家が取引の注文を出す際に、取引会社が売りと買いの両方の取引レートを同時に表示することです。

たとえば、「米ドル/円 110.50-110.55」と表示されていた場合、左の安い数字が投資家にとっての売値、右の高い数字が投資家にとっての買値ということになります。

投資家が1ドルを売る時は110円50銭で売ることができ、逆に投資家が1ドルを買う時は110円55銭で買うことができるという意味です。つまり取引会社からしてみると、110円50銭で買い、110円55銭で売るということになります。

取引会社から見た買値、つまり左側の数値をBid(ビット)といい、取引会社から見た売値、つまり右側の数値をAsk(アスク)またはオファーといいます。

2Wayプライス表示

スプレッド

上記のレートだと、1ドルを買い、為替レートがまったく動かない状態で売っても、投資家は5銭分損することになります。逆に取引会社は5銭の利益を得ます。この差額をスプレッドといいます。

FXの取引会社は多くの会社が手数料を無料にしているかわりに、このスプレッドによって利益をあげています。つまり、投資家からしてみると、スプレッドは実質的な手数料ということになります。スプレッドが大きければ大きいほど、取引手数料がかかる分、投資家にとっては不利で、小さいほど投資家にとっては有利ということになります。

このスプレッドは、取引会社や取引する通貨ペアによってことなります。取引会社を選ぶ際は、事前に必ず確認しましょう。

2Wayプライス表示の意義

2Wayプライスを表示する最大の意義は、売値と買値が同時に表示されることによって、売買の透明性が向上し、取引会社による不正な操作が防止できる点にあります。

たとえば、ドルを買いたい投資家に対しては高いレートを表示して売りつけたり、ドルを売りたい投資家には安いレートを表示して買い取ったり、こういった取引会社の不正を防止することができるわけです。

FXブロードネット   実質取引コストで選ぶなら!スプ0.3銭

4000円から取引可能!低スプレッド&業界最高水準のスワップポイントで、初心者が始めやすいFX会社です。
24時間365日、24通貨の取引可能!!→詳しくはこちら!

最短5分!スマホでもかんたん申込!
DMM FX

初心者にもプロトレーダーにも満足の取引ツール!米ドル/円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準スプレッド!電話・メールの他に、LINE問い合わせも対応しているので、サポート体制が超充実!→詳しくはこちら!

スワップポイント最高水準!
外為オンライン

初心者~上級者向けの充実した高機能取引ツールで楽々FX取引!
情報コンテンツが豊富で最新の情報がいつでも手に入る!無料セミナーに参加して、基礎知識を身に付けよう!!→詳しくはこちら!

実質取引コストで選ぶなら!スプ0.3銭
FXブロードネット

4000円から取引可能!低スプレッド&業界最高水準のスワップポイントで、初心者が始めやすいFX会社です。
24時間365日、24通貨の取引可能!!→詳しくはこちら!

→さらに詳しいFX会社ランキングはこちら!


※ランキングは当サイトからの2016年1月~3月での申込数順を元に算出