FX 初心者のための入門サイト


レバレッジとは

FXでは、はじめに取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、証拠金の数倍~数百倍の金額で取引できます。これをレバレッジといいます。

レバレッジとは、証拠金にかける「てこ」のようなもので、少ない資本金でも大きな取引ができるようになることを表していて、通常は、レバレッジ○○倍といった言い方をします。

レバレッジに比例して、損益も大きくなる

レバレッジをかけると、利益や損失もその分大きくなります。

たとえば、10万円の証拠金でも、10倍のレバレッジをかければ、100万円として取引ができます。レバレッジをかけなければ1万円の為替差益だったところが、10倍のレバレッジをかければ10万円の利益に膨らみます。

また通貨間の金利差によるスワップポイントでの利益や損失も、レバレッジの分だけ膨らみます。

レバレッジに比例して、損益も大きくなる

しかし、当然損失の場合にもレバレッジはかかります。1万円の損失が10倍のレバレッジをかけていれば10万円の損失になります。スワップポイントも同様です。

レバレッジが可能なわけ

ではなぜこのような取引が可能なのでしょうか。

それはFXの決済方法に理由があります。FXでは、通常の商品を売買する時のように、その都度金銭の受け渡しを行うことはありません。取引で生まれた差額分だけを決済する差金決済という方法なので、少額での取引が可能になります。

たとえば、1ドル100円のレートで、1万ドル(100万円分)を買ったとします。しかしこの際に100万円を渡すわけではありません。

その後レートが1ドル110円になり、1万ドルを売り決済すると、110万円になります。この時も110万円を受け取るわけではなく、差額である10万円分だけを受け取ることになります。これが差金決済です。

初心者はレバレッジ2~3倍から

レバレッジの上限は、取引会社によって設定が違いますが、業者によっては400倍のレバレッジがかけられるところもあります。目論見通りにいけばハイリターンが望めますが、その分ハイリスクです。為替レートの少しの変動で証拠金が不足してしまうこともありえます。

初心者のうちは、2~3倍程度から始めたほうがいいでしょう。またレバレッジは1倍からでもかけられます。FXではスワップポイントでの利益も望め、手数料も安いので、レバレッジ1倍でも充分有利な取引が可能です。

レバレッジで大損したら?

では証拠金(自己資本金)の何百倍もの額で取引して、もし為替レートが下がってしまい、大損してしまった場合、証拠金が足りなくなったらどうなるのでしょうか。

FXではそうならないために、ロスカットというシステムがあります。たとえ決済していなくても、含み損(現在のレートで決済した場合に発生するであろう損失)が大きくなってくると、自動的に強制決済が行われ、基本的に証拠金以上の損失が出ることがないようになっています。
ロスカットとは

最短5分!スマホでもかんたん申込!
DMM FX

FX初心者の入門講座限定!合計25,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!初心者にもプロトレーダーにも満足の取引ツール!米ドル/円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準スプレッド!→詳しくはこちら!

スワップポイント最高水準!
外為オンライン

初心者~上級者向けの充実した高機能取引ツールで楽々FX取引!
情報コンテンツが豊富で最新の情報がいつでも手に入る!無料セミナーに参加して、基礎知識を身に付けよう!!→詳しくはこちら!

実質取引コストで選ぶなら!スプ0.3銭
FXブロードネット

4000円から取引可能!低スプレッド&業界最高水準のスワップポイントで、初心者が始めやすいFX会社です。
24時間365日、24通貨の取引可能!!→詳しくはこちら!

→さらに詳しいFX会社ランキングはこちら!


※ランキングは当サイトからの2016年1月~3月での申込数順を元に算出