FX 初心者のための入門サイト


FXの節税対策

FXでせっかく得た利益ですから、節税して少しでも支払う税金は減らしたいですよね。FXでできる節税対策をいくつか紹介します。

必要経費を差し引く

FXの利益など、雑所得では、その所得を獲得するために生じた必要経費が認められています。その経費を確定申告の際に届け出ることで、利益の総額から必要経費分を差し引くことができます。つまり、税率がかかる金額を少しでも減らすことができるということです。

必要経費に計上できる代表的なものを見てみましょう。

・通信費
FXの取引は主にインターネットを使って行われます。また、取引会社に電話で問い合わせたり、郵送で書類を発送した場合など、該当するプロバイダ料金、電話代、郵送代は必要経費になります。

・書籍代、新聞代、関連雑誌代
一般の新聞やFXに関係ない本はダメですが、為替に関する新聞、本、雑誌は、必要経費になります。

・筆記具、消耗品
ボールペンやノート、または必要書類をプリントアウトするための印刷用紙など、一般的には、100,000円未満の物品の取得費を必要経費にすることができます。

・交通費
FXに関するセミナーに出かけた場合など、バス、電車料金、タクシーなどの交通費を必要経費として計上することができます。

これらの必要経費を計上するには、バスや電車など、領収書がもらえない場合を除いて、証明となる領収書が必要です。少ない金額でも、積もり積もればバカにできない金額になります。申告は少し面倒になりますが、とりあえず領収書をとっておくようにしましょう。

なお、FXの税については、まだ不確定な部分もあり、税務署によって取扱がバラけることもありますので、上記に書いてある項目でも、必要経費として計上できるかどうか、最寄の税務署に事前に問い合わせてください。

夫婦でそれぞれ口座を作る

FXの利益で税金が発生するのは、FXの利益を含めた雑所得が、給与所得をもらっているサラリーマンなら20万円、給与所得のない専業主婦なら38万円を超えた場合です。
FXにかかる税金

たとえば、サラリーマンの夫がFXで30万円の利益を出した場合、雑所得が20万円を超えるので、税金が発生します。

でももし、取引会社に奥さんの口座も作っておいて、二つの口座で取引をし、夫の口座で10万円の利益、奥さんの口座で20万円の利益を出したとすると、同じ30万円の利益でも税金は発生しないことになります。(他の雑所得がない場合)

このように夫婦でそれぞれ口座を作っておいて、うまく利益をバラけさせるのも節税対策のひとつです。

最短5分!スマホでもかんたん申込!
DMM FX

FX初心者の入門講座限定!合計25,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!初心者にもプロトレーダーにも満足の取引ツール!米ドル/円0.3銭(原則固定)の業界最狭水準スプレッド!→詳しくはこちら!

スワップポイント最高水準!
外為オンライン

初心者~上級者向けの充実した高機能取引ツールで楽々FX取引!
情報コンテンツが豊富で最新の情報がいつでも手に入る!無料セミナーに参加して、基礎知識を身に付けよう!!→詳しくはこちら!

実質取引コストで選ぶなら!スプ0.3銭
FXブロードネット

4000円から取引可能!低スプレッド&業界最高水準のスワップポイントで、初心者が始めやすいFX会社です。
24時間365日、24通貨の取引可能!!→詳しくはこちら!

→さらに詳しいFX会社ランキングはこちら!


※ランキングは当サイトからの2016年1月~3月での申込数順を元に算出